京都市 自己破産 弁護士 司法書士

京都市に住んでいる方が借金返済の相談するならどこがいい?

借金の督促

自分だけではどうしようもないのが、借金返済・お金の問題です。
金額がどんどん大きくなり、利子を払うのがやっと。
借金返済の問題は、1人で悩んでいても解決は難しいものです。
京都市にお住まいの方も、まずネットの無料相談で、弁護士や司法書士に相談してみませんか?
いきなり事務所で直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、落ち着いて相談できるかもしれません。
もちろん、京都市の方でもOKな法務事務所・法律事務所をここでは紹介しています。
1人で悩まず、司法書士・弁護士に相談することが、借金問題解決への第一歩です。

京都市在住の人が自己破産や借金の相談をするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

京都市の借金返済解決の相談なら、この事務所がオススメ。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いも可能。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをストップすることもできます。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、債務や借金に関して無料で相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付してくれるので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、過払い・債務の悩みが相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに合ったやり方で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から支払を清算できます。
任意整理も、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいため、お得に解決することができます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人も安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

京都市在住の人が借金や債務整理の相談をするならまず、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、ネットを使った診断ツール。
簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、少し不安。
そんな方にもピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国対応しているサービスなので、京都市在住の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減らす方法が分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国に対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



京都市周辺にある他の弁護士・司法書士の事務所紹介

京都市には複数の法務事務所・法律事務所があります。参考にしてみてください。


●京都第一法律事務所
京都府京都市中京区蒔絵屋町280 インターワンプレイス京都4F
075-211-4411
http://daiichi.gr.jp

●田尻世津子司法書士事務所
京都府京都市西京区山田四ノ坪町1-6
075-393-1550
http://ts-shihoushoshi.com

●倉地司法書士事務所
京都府京都市上京区浄福寺通今出川上る有馬町195 中田マンション 1F
075-417-4436
http://office-kurachi.jp

●京都総合法律事務所
京都府京都市中京区河原町二条南西角
075-256-2560
http://kyotosogo-law.com

●井木事務所
京都府京都市上京区春帯町344-2 折坂ビル3F
075-231-2520
http://s701-igi.com

●京都法律事務所
京都府京都市中京区御幸町丸太町下
075-256-1881
http://kyotolaw.jp

●住友司法書士事務所
京都府京都市中京区山伏山町558 三洋室町ビル 2F
075-257-8155
http://sumitomo.ne.jp

●弁護士法人 田中彰寿法律事務所
京都府京都市中京区松竹町129
075-222-2405
http://tanaka-law.net

●京都弁護士会
京都府京都市中京区 富小路通丸太町下ル
075-231-2378
http://kyotoben.or.jp

●京都司法書士会
京都府京都市中京区柳馬場通夷川上る五丁目232-1 京都司法書士会館
075-241-2666
http://siho-syosi.jp

●上羽司法書士事務所
京都府京都市中京区 麩屋町通竹屋町上ル舟屋町417番地
075-231-1085
http://ueba1085.jp

●西山司法書士事務所
京都府京都市左京区田中上古川町12-3
075-781-8210

●京都さくら司法書士事務所
京都府京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町9-201
075-762-2296
http://kyoto-sakura.jp

●まちづくり司法書士事務所
京都府京都市北区紫竹東高縄町29
075-494-1280
http://shihosyoshi-lawyer.com

●F&Partners(エフアンドパートナーズ) 京都事務所
京都府京都市 中京区烏丸通六角下る七観音町623 長谷ビル5階
075-256-4548
http://256.co.jp

●いつわ法律事務所
京都府京都市中京区 手洗水町670番 京都フクトクビル3階
075-257-7637
http://itsuwa-law.jp

●姉小路法律事務所
京都府京都市中京区丸太町堺町西入鍵屋65
075-253-0555
http://aneyalaw.com

●金田総合法律事務所
京都府京都市下京区新釜座町716-1 四条平野ビル7階
075-257-7831
http://kaneda-law.com

京都市にある地元の司法書士や弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

京都市在住で借金に参っている状態

クレジットカードの分割払いや消費者金融等は、高利な金利が付きます。
15%〜20%もの利子を払う必要があります。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年間)ぐらい、自動車のローンの場合も年間1.2%〜5%くらいですので、その差は火を見るより明らかです。
しかも、「出資法」をもとに金利を設定しているようなキャッシング業者だと、なんと利子0.29などの高い利子をとっている場合もあります。
尋常ではなく高利な利子を払いながらも、借金はどんどん膨らむ。
お金を借りたのは自分の責任なので仕方ないのですが、金利が高くて金額も多いとなると、なかなか完済の目処が立ちません。
どのようにして返すべきか、もはやなんにも思いつかないなら、法律事務所・法務事務所に相談しましょう。
司法書士・弁護士なら、借金を返す解決策を捻り出してくれるでしょう。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金の返還で返さなければいけない金額が減額するかもしれません。
まず相談する、解決にはこれが第一歩です。

京都市/借金の遅延金の減額交渉とは|自己破産

借金が返済する事が不可能になってしまう理由のひとつに高利子が上げられるでしょう。
今現在はかつての様なグレーゾーン金利もなくなってるが、それでも無担保のキャッシングもしくはカードローンの利子は決して利息は決して安いとはいえません。
それゆえに返済のプランをきちっと練っておかないと支払いが大変になって、延滞がある場合は、延滞金も必要になるでしょう。
借金は放っていても、更に利息が増して、延滞金も増えますので、早く処置することが肝要です。
借金の払戻が滞ってしまった場合は債務整理で借金を減額してもらう事も配慮しましょう。
債務整理も色々な手口が有りますが、減らすことで支払いができるなら自己破産より任意整理を選ぶと良いでしょう。
任意整理をしたならば、将来の金利等を減じてもらうことが出来、遅延損害金などの延滞金が交渉次第で身軽にしてもらう事が可能なので、ずいぶん返済は軽くなります。
借金が全てなくなるのではありませんが、債務整理する前と比べて随分返済が楽になるので、よりスムーズに元金が減額できるようになります。
こうした手続は弁護士など精通している方に相談するともっとスムーズなので、まずは無料相談等を利用してみてはどうでしょうか。

京都市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/自己破産

はっきし言って世間で言われているほど自己破産のリスクは多くないです。マイホームや土地や高価な車など高額なものは処分されますが、生活していくうえで必ずいる物は処分されません。
又20万円以下の預貯金も持っていていいのです。それと当面の間の数か月分の生活するうえで必要な費用百万未満なら持って行かれる事は無いです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれも特定の人しか見ないものです。
又いうなればブラックリストに載り七年間くらいの間はキャッシング又はローンが使用不可能になるが、これはいたし方ない事でしょう。
あと定められた職種につけなくなることもあります。だけれどもこれも極わずかな限られた範囲の職種なのです。
だから債務超過で返済することのできない借金を抱えてるのなら自己破産を進めるのもひとつの手口です。自己破産をすればこれまでの借金が無くなり、新たな人生を始められると言う事で良い点の方が多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士・司法書士・弁護士・公認会計士等の資格は停止されます。私法上の資格制限とし保証人・後見人・遺言執行者にもなれないです。又会社の取締役などにもなれないのです。けれどもこれらのリスクはおおよそ関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きな物ではない筈です。

関連するページの紹介です